感動と後悔 

高校生最後の県総体、2試合目で負けちゃったけど、本当に感動した。

彼が中3の頃に脱サラして起業してから、一生懸命頑張ってきたテニスの試合の応援に一度も行ってやれなかった。

もしかしたら、これが最後のチャンスかなと思って、月間勤務時間350時間の中でなんとか調整して応援に行けた。

中学3年生の時以来、3年ぶりにテニスやってる姿を見てやることができた。

仕事仕事で全然彼の思いに応えてやれなかった。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。

高校生になって、最初で最後のテニスやってる姿を見て、成長した姿を見て、感動と後悔と、色んな感情が込み上げてきた。

あまりにも、子供たちを犠牲にしすぎてきた事を悔やんで悔やんで…でも、もう二度とその時間を取り戻す事は出来ないんだよね…

父子家庭で、金もない、時間もない、何もしてやれない、でも生まれてから今まで一言もわがままも反抗も反発も要望も要求もしてこなかった子供達には、せめて将来人並みの幸せな人生を送って欲しいな。
スポンサーサイト


[2017/06/01 21:18] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rmkaa.blog121.fc2.com/tb.php/218-e4713281