スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


近況及び今後の活動について 

今日は、今年度島根県のPTA活動のお世話をされる方とお会いしました。

先日の日本経済新聞に掲載された記事を見て、わざわざご連絡をいただきました。

非常に熱心に話を聞いて頂き、また逆にいろんなアドバイスを頂くことができ、大変に有意義な時間になりました。

今後の構想としては、

島根県PTA協議会から中国ブロックPTA協議会へ、

そして社団法人日本PTA全国協議会へもって行き、

全国のより多くの保護者や教職員へ父子家庭における問題を認識してもらい、

最終的に国会へ持って行く、

まだ確定したわけではないので、これ以上は書けませんが大体こんな感じで進めていく予定です。

日本PTA全国協議会は全国のPTA協議会を統括している、会員数1000万人以上の巨大組織です。

この人数、ものすごい可能性を秘めてると思います。

うまく連携することができれば、同じ子供を持つ親御さんや先生方への認知度も一気に広まるでしょうし、世論を形成することも可能だと思います。

また、これらの活動には、先日お会いしたNHKさんにも追跡取材してもらい、メディアからも情報発信していければなと思います。

今僕達が抱えてる問題や活動状況をより多くの当事者に知ってもらうためにも絶好の機会と考えています。

これらの事が順調に進んだら、僕も可能な限り各地へ行き、啓発活動を行いたいと考えています。

また、先日の国会では父子家庭についての議論が行われており、民主党議員の質問に対して小渕少子化担当大臣より、また共産党議員からの質問には与謝野財務大臣よりそれぞれ前向きな答弁が行われております。

その際問題提起された佐々木議員からは、秘書さんを通じて連絡が有り、今後連携してやっていくことになりました。

これらと平行して、県議会と知事宛てに要望書・陳情書の提出も考えています。

更に、ご存知の方も多いかと思いますがNPO法人ファザーリングジャパンによる独自の父子家庭支援基金も設立されています。

ここにきて一気に風向きが変わってきたように思います。

何をどのようにやっていくべきか、手探り状態ですが精一杯やれることをやっていこうと思います。

正味一年、この一年で土台を作り近い将来父子家庭への諸問題が解決へ向かうようにと思います。




業務連絡

緑野さん、これらを踏まえ、今後のことについて近いうちに連絡します。。。








スポンサーサイト


イイ感じですねーー

PTA全国協議会。いい感じですねー
島根県・福岡・山梨・宮城でソレゾレタッチの仕方は違いますが、ビジョンは同じだと思っています。

いろんな角度の切り込みで、お互い頑張りましょうね。
こちらもがんばります。
[2009/04/04 21:24] 宮城県父子の会 [ 編集 ]

とってもすごい!
尊敬します!
[2009/04/06 18:59] てくてく [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rmkaa.blog121.fc2.com/tb.php/138-a7c483b6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。