ネットカフェ難民になろう! 








シングルパパの皆さん、ネットカフェ難民になりましょう!

今日のニュースより。



ネットカフェ難民に生活費、職業訓練条件に月15万円融資へ

厚生労働省は23日、「ネットカフェ難民」の就労を支援するため、公共職業訓練の受講を条件に、訓練中の住居・生活費として月15万円を融資する制度を2009年度に創設する方針を固めた。

 年収150万円以下の受講者は返済が免除されるため、実質的には給付となる。09年度予算の概算要求に関連予算1億円を盛り込む。

 ネットカフェ難民は住居がなく、定職にも就けずにいることで、低収入で不安定な生活を余儀なくされ、これが、就労を一層難しくするという悪循環に陥りやすい。厚労省の昨年の調査では、全国に約5400人いると推計されている。

 新制度では、雇用・能力開発機構の「技能者育成資金」を活用し、職業訓練受講者に月15万円を貸し付ける。訓練は座学と企業実習を組み合わせた「日本版デュアルシステム」と呼ばれるもので、期間は3~6か月。収入が得にくい訓練期間中に住居・生活費を手当てすることで、受講を促し、訓練に専念してもらう狙いがあり、厚労省では「住居と就労機会の両方を確保できる」と期待している。訓練を修了し、かつ、年収が150万円以下であれば返済は全額免除される。対象は、ネットカフェなどで寝泊まりしながら日雇い派遣などで働く30歳代後半までの「住居喪失不安定就労者」を想定しており、厚労省では年間数百人が利用すると見込んでいる。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080823-OYT1T00426.htm

ほほう…

ネットカフェ難民になると、うまいことやれば毎月15万円もの不労所得がもらえるらしい!

こりゃやるっきゃないでしょ!

厚生労働省の方々には頭が下がります。

全国に5400人いるネットカフェ難民に毎月15万円の融資。

しかも訓練を修了し、かつ、年収が150万円以下であれば返済は全額免除されるとあって、これまた超太っ腹!!!!

僕達父子家庭が支援を求めても,

なーんにも反応示してくれない厚生労働省が、ネットカフェ難民にはド級ともいえる支援策を打ち出した。

何十万といる父子家庭の子供達をそっちのけにして、5400人のネットカフェ難民を重視した。


これっていったいどういうこと???

なんだか、本当にこの国がわからなくなってきた…

一体なんお力が働いてそんなことになったんだ?

日本って確か民主主義国家だよね?

スポンサーサイト


へぇ~

すごい話だねぇ(-.-;)
年収が150万円以下で返済が全額免除?
なんで免除するんだ?なんで?なんで?
生活保護だって減らそうと意地悪されてるのに、なんでネットカフェ難民は優遇されるの?
どんなヒイキなんだ?
………とっても疑問です。
ちなみに今、私が勤めているバイト先のネットカフェには夜勤やってても難民らしき人、見たことないでーす^^

山根くん、前のコメ長かったのに消し消ししなかったんだ(^▽^;;)白熱しちゃってロングでごめんね(^人^)
少しは参考になったでしょうか?ちょっとでもお役に立てたら幸いです。


[2008/08/24 06:23] テルー [ 編集 ]

ってことはアレだ。

ステージック(年商50万以下)にも給付される可能性があるわけだ!!

ワーイ!

中国に移住しよう…
[2008/08/26 08:02] ステージックK [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rmkaa.blog121.fc2.com/tb.php/104-fe0ba84e